コギト工房 Cogito-Kobo
若い読者のための大江健三郎ワールド 作品紹介 

■大江健三郎トップページへ


■大江健三郎 まずはこれから


■大江健三郎作品一覧へ


■大江健三郎略年譜


  
  
ピンチランナー調書
新潮社文庫  
解説:
定価:810円(税込)
頁数:408頁(文庫版)
ISBN4-10-112611-1
カバー画: 司修 初出:1976年8月号 雑誌『新潮』掲載
リーリーリー、、ピンチランナーへの呼びかけ   過剰な表現、荒唐無稽な物語
 放射能被爆者であるもと原子力発電所技師「森・父」のメッセージを記録する「光・父」。ふたりは共に頭蓋骨の欠損があるこどもを持つ。

<冒頭>

 第一章 戦後草野球の黄金時代

     1
 他人の言葉にちがいなく、それを他人が発した情況も覚えているのに、あれこそは自分の魂の深奥から出た言葉だと感じられる言葉。もっとも言葉がふたりの人間の関係の場に成立する以上、自分の存在こそ、他人の言葉の真の源泉たることを主張しえぬはずはない。ある時、原子力発電所のもの技師で、僕とは反撥しあっていたひとりの男が、僕にきかせることをもくろんで、ひとりごとのようにこういった。

<出版社のコピー>
 
地球の危機を救うべく「宇宙?」から派遣されたピンチランナー二人組!
「ブリキマン」の核ジャックによる民衆の核武装?・・・・・。
内ゲバ殺人から右翼大物パトロンの暗躍までを、何もかも笑いのめし、価値を転倒させる道化の手法を用いて描き、読者に再生への希望と大笑いをもたらす。死を押しつけてくる巨大なものに立向い、核時代の<終末>を拒絶する風刺と哄笑の痛快純文学長篇である。。
 

<おすすめ度>
☆☆☆☆☆    

Copyright Since 2004 Cogito-Kobo All rights reserved